イメージ写真

院長あいさつ

院長顔写真痛いのが治まったから改善されたと思うのは危険です。より悪化している危険性があり、2回目に痛くなった時にはすでに手遅れで、歯を抜かなければならないケースもあります。ご自身の歯を健康な状態で長く保っていくためには、よい治療はもちろんのこと、何か違和感があったら歯医者に行く習慣をつけ、また定期的な検診を行い、早期の治療を心がけましょう。早期に発見できた虫歯や歯周病は、早くに治せる可能性があり、結果的に患者さんの負担も軽減できます。

当院では問診を行い、お口の状態をチェックし、レントゲン検査や口腔内写真、歯肉の検査を行ってから治療方針を考え、患者さんと一緒に最良な治療を選択していきます。お口の中が清潔に保たれていないとよい治療ができないため、緊急性を有する治療でない限り、まずは歯ブラシ指導やクリーニングを行い、それから治療を行っていきます。

歯を治すだけではなくお口の役割を正常な状態に戻し、患者様のQOL(クオリティーオブライフ=生活の質を高める事)を目標にしています。衛生士による歯ブラシ指導やクリーニングを行って清潔に保ち、口の中の機能や見た目を改善していきたいと考えています。また子供には予防を重視し、歯ブラシ習慣を身につけてもらい、虫歯になりにくい環境を作っていきたいと思います。そのため当院でお掃除を行った後は無料でフッ素塗布を行っています。 子供のうちから歯科を身近に感じてもらい「一生自分の歯で食べられるように」を目標にしていきます。

院長 横田 達哉

診療のご予約・お問い合わせはこちら

Facebook

このページの先頭へ▲